30代後半から40歳にかけての地味な不調。プレ更年期で生活の質が下がる

39歳になって半年くらい過ぎたころから、20代・30代前半では感じなかった不調が徐々に出始めました。自律神経やホルモンバランスの乱れから起こる、噂の「プレ更年期」と思われます。主な症状と対策(自己流ですが)をご紹介します。

また、ページ最後に、目の酷使による自律神経の乱れについても紹介していますので、自律神経の乱れに悩んでいる方は、そこだけでもぜひ読んでみてください。

眠りが浅い
夜中や早朝に目が醒めてしまい、朝まで起きずにグッスリ眠れることが少なくなった。仕事が立て込むと確実に早朝に目が醒める。

[対処法]
●ONとOFFの切り替えを上手にすることで、心と体をリラックスさせる
●昼間、軽く汗をかく程度の運動をして身体を疲れさせる
●寝る前のスマホや、寝るギリギリまで仕事をするなど、夜はなるべく交感神経を刺激しない
●セロトニンを増やす「マインドガードDX」などのサプリメントを試してみる ※ちなみに、私は1日15mlを2か月間試しましたが、特に効果を感じませんでした。朝までグッスリ!とはならなかったです。

眼精疲労による偏頭痛、肩や首の張り、めまいが頻繁におきるようになった
パソコンやスマホを使うとすぐに目が疲れ、頭痛がおこり肩や首がこわばる。お酒に酔ったときのような、フワフワぐるぐるする感じのめまいがおこる。
[対処法]

●パソコンやスマホを使用する時は1時間に1回休憩をとり、目を休ませる(目を閉じたり遠くをみたりする)
●目をあたためて血行を良くする。目を酷使しない。長時間同じところを見ない
●軽い体操やストレッチで全身の血流を改善させる
●メガネの度数が合っているか見直す。ブルーライトカットのメガネを使う
●眼科に行く。※知らないうちに目の状態が悪化していることがあります。メガネの処方箋も出してもらえます。

※マッサージは時に逆効果になるので注意が必要
目の疲れを取ろうと思い、目のマッサージへ行ったのですが、肩と首筋と目のまわりを温めると体温が上がってきて、動悸、軽いめまいがして、おさまっていた頭が重い感じが再発してしまい散々でした。

興味のある方は「頭痛・肩こり・首の張り、原因は全てパソコン&スマホ?!」 の記事もどうぞ

食べる量が減った。お酒が飲めなくなった
30歳半ばくらいから徐々に食べる量が減り、39歳からはお酒の量が減り、1杯飲むと気持ちよくなる前に具合が悪くなる気配がするように。40歳を過ぎたころからお酒が1杯も飲めなくなる。

[対処法]
●食事量が少ないので栄養バランスに気をつけ、足りない場合はサプリや間食で補う
●運動する(お腹が空いて食べたくなる)
●無理にお酒を飲まない(そのうちお酒を飲まないことに慣れて、飲みたいとも思わなくなります)

※病院では「そういう症状の人は珍しくない」と言われました…。検査結果も問題なく、原因不明です

暑さに弱くなった。体温調節がうまくできない
体温が上がりやすく、体感温度が上がると動悸や吐き気がおこる。暑くて空気のこもった場所にいると気分が悪くなる。

[対処法]
●水を飲む、体を冷やす、風通しの良いところに移動する
●外出時は水と扇子(仰ぐだけでかなり効果あり)を常に持ち歩く。夏場はマイボトルに水を凍らせています。冬もエアコンの効きすぎで暑くなる場合があるので、水と扇子は常に持ち歩くことをおすすめします
●ヒートテックを着ない。ヒートテックって、少し汗をかくと急激に体温が上がりませんか?駅まで歩いているうちにヒートテックが発熱して上半身が厚くなり、駅のモワっとした空気が追い打ちをかけて具合悪くなります。冬のショッピングでは厚着して暖房が効いた店内を歩くことが多いと思います。早めに上着を脱いだりお水を飲んだりして体温下げてください。私はヒートテックを卒業します!

PMSが出るようになった
胃もたれや吐き気が出やすくなった。朝は調子がいいが、夕飯後が症状がでやすい。交感神経から副交感神経への切り替えがうまくできていないのかも。ちなみに、39歳半ばを過ぎたころから生理前の胸のハリがなくなりました。ホルモンバランスの変化でしょうか?

[対処法]
●胃腸の調子を整える漢方薬を飲む(私の場合は人参湯が効きました)
●お腹が空いていない時、なんとなく胃の調子がすぐれない時は無理して食べない
●ホルモン検査をしてみる

PMSによる胃の不調に興味のある方はこちらの記事をどうぞ
「長引く胃の不調。原因はPMSと風邪だった」
「自律神経?機能性胃腸症?胃もたれ・吐き気・食欲不振の根源はやっぱりPMS…」

乗り物や人ごみに酔いやすく、臭いに敏感になった気がする
新幹線(N700系)で初めて酔った。新幹線にかぎらず、人の熱気や湿気、臭いがこもる電車(特に地下鉄)などで具合が悪くなりやすい。

[対処法]
●酔い止め(吐き気止め)と水と扇子を持ち歩く
●フリスクやハッカ油など、スッキリするものを持ち歩く
●香水やお酒などの臭いを発する人の近くに行かない
●手首の下の吐き気に効くツボ(内関)を押す
●新幹線の場合、目を閉じる、眠る(外の景色をあまり眺めないようにする)
●上記の対策をしつつ、「大丈夫」という強い気持ちを持つように心がける

喉や胸がつっかえる、つばが飲み込みづらい、呼吸しづらい感覚
病院に行っても悪いところがなく、様子をみていたら1か月くらいで症状がおさまった。

[対処法]
なるべく気にしないこと。気にするとそれがストレスになり逆効果に。症状がひどい場合は病院を受診してください。

長時間のパソコン仕事で息苦しくなり吐き気が出る
長年のPC仕事で背中の筋肉や横隔膜がこわばってしまい胃が圧迫されている感じがする。

[対処法]
●姿勢を見直す。イスをバランスボールに変えて、背中が丸くならないようにしています
●首、肩、背中の筋肉をほぐす(ストレッチポールがおすすめ)
●パソコン、スマホを長時間使用しない。また、休憩をこまめにとり、ストレッチや散歩などで血行をよくする
●意識して深呼吸をする

●普段使っているリュックを見直してみる
→普段、重い荷物の入ったリュックを背負う機会がある方は、チェストベルトのついたリュック、腰でサポートするタイプのリュックに変えることをおすすめします。私自身、歩いている割りに全然肩こりが良くならず不思議に思っていましたが、食材の買い出しで重いリュックを背負って長時間歩く事が逆効果だった可能性があります。そのような場合は自転車に乗ることをおすすめします。私は最近電動自転車を購入しました。

↓あると使えるストレッチグッズはこちら↓


ストレッチポール
楽天はこちら ➡️ ストレッチ用ポール
Amazonはこちら ➡️ ヨガポール


ヨガマット
楽天はこちら ➡️ ヨガマット 8mm
Amazonはこちら ➡️ ヨガマット 8mm


バランスボール
楽天はこちら ➡️ バランスボール
Amazonはこちら ➡️ バランスボール


メンタルが弱くなった気がする
仕事とプライベートが混ざり合い、日常生活の些細なことに関してもリスク回避を考えてしまい、神経質になっている

[対処法]
●入浴、趣味、良い睡眠をとる、友達とおしゃべりする、旅行するなど、楽しいと思えることを増やし、リラックス&ストレス発散を心がける
●自律神経失調症にも効果があると言われている「マインドガードDX」を飲んでみる
●足つぼで視床下部(交感神経・副交感神経を調節する)を刺激する
自律神経失調症で悩んでいる人にお勧めのセットがありますが、最初はウォークマットIIだけでも良いかもしれません。ウォークマットは通販で購入できます

楽天はこちら
➡️ 官足法 ウォークマットⅡ
➡️ 自律神経失調症でお悩みの方にお勧めのセット>ウォークマットⅡ

Amazonはこちら
➡️ 官足法 ウォークマットⅡ
➡️ 官足法ベーシック3点セット>ウォークマットⅡ

目の酷使による自律神経の乱れ

上記のように、いろいろな不調に悩まされている私ですが、とても興味深い記事を発見しました。この記事を読んで、私の不調は長年のパソコン仕事による職業病だと確信しました…。

目を酷使することで起こる自律神経の乱れとその改善方法がわかりやすく記載されているので、同じような症状で悩んでいる方、ぜひ下記サイトを参考にしてみてください。私はお気に入りに入れました(笑)

➡️ スマホやPCで自律神経に不調 目のケアを習慣に(NIKKEI STYLE)

夜、早速ホット&スチームパッドを顔に乗せて温めていたのですが、うっかり眠ってしまい、1時間半後に目が醒めたら顔がほてって頭痛が…。何事もバランスが大切ですね。

ということで、私の場合、仕事を辞めないかぎり良くならないと思うので、できる限り症状をおさえ、生活を改善し、いかに不調とうまく付き合っていくことが大切だと思いました。

対策として、漢方薬を飲みはじめました。興味のある方はこちらの記事もどうぞ。PMSによる胃腸の調子改善とホルモンバランス改善のために服用している漢方薬の記録です。
「便秘にも効く人参湯。酸化マグネシウム卒業」
「当帰芍薬散の副作用?飲み始めて2週間、お腹がゆるい」
「温経湯と人参湯でのぼせ。真武湯一本で様子をみる」

以上、少しでも参考になりましたら幸いです。