唇の皮がボロボロ剥ける原因は血行不良

昔から、仕事が忙しくなると唇の皮がボロボロ剥けていた。

きっと食生活が不規則になってビタミンが足りてないんだろうな、と思っていました。

でも、今改めて考えてみると、ビタミン不足というよりは、忙しくなるとパソコンに向かっている時間が長くなり、それによって血行が悪くなっていた事が一番の原因のような気がしている。

もちろん、栄養が足りていない可能性もある。オフィスの空気が乾燥していた事も拍車をかけていたかもしれない。

しかし、ここ最近、かなり忙しくても唇の皮が剥けなくなっている事に気付いた。

体質改善のために始めた漢方とサプリに加え、体を冷やす食べ物や飲み物を控えたり、毎日少しでも身体を動かして血流を良くする事を心がけたり、という地道な積み重ねの効果がでてきていると思われる。

私は昔から唇の色が悪く顔色があまりよくないタイプで、しもやけも良くできていた。血液検査では血管が細くて針が刺さらなかったり、生理痛が激痛だったりしても、「体質だから」で片付けていて、全て血行不良が原因で、それが元で様々な身体の不調に繋がっていく事になるとは思いもせずに放置し、結果的にチョコレート嚢胞という成果として身体に現れてしまった。

血行不良をこのまま放置していたら、最後はガンになるんだと思う。

唇は皮が薄く血管の色がダイレクトに見えるので、唇の色で今血行が良いとか悪いとか、判断の目安になることに気づいた。私はいつも身体が冷え気味で、血管が収縮して毛細血管まで血液が届かず、唇が青紫に見えていることが多い。少しはマシになってきたけど、冬は気をつけないとすぐに身体が冷えて唇が紫になってしまう。

チョコレート嚢胞と言われて7、8年。体質改善ってすぐに効果を実感しないからわかりにくいけど、少しずつ、確実に身体は変わっているんだなぁと改めて実感しました。そういえば、7年で体質が変わるとかどこかで聞いた事がある。

最近気が緩んでお菓子とか油ものとか食べがちなので、改めて気持ちを気を引きしめなおし、ずっと健康で美味しくご飯を食べて生きていきたい。