漢方の先生がすすめる、免疫力を高める食事

先日、ある漢方薬局に見積もりを依頼しました。その返信とともに、免疫力をアップする食事についてご指導いただいたので、ここで紹介します。

漢方の見積もり内容については「漢方でチョコレート嚢胞縮小へ期待。効果と費用は?」の記事をどうぞ。

積極的に摂った方がいいもの
  • 1日3回和食中心(ごはん、味噌汁、ほうれん草のお浸し、まぐろステーキなど)
  • 温野菜と生野菜を半々くらいの割合でたっぷり摂る
  • 炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく
  • 炭水化物はパン、麺類ではなく消化のいいご飯で摂る
  • 赤みの肉・魚・大豆製品(タンパク質)
  • 赤や緑の緑黄色野菜(ビタミン)
  • 小魚・海藻類(ミネラル)
  • 味噌汁
避けるべき食品
  • 乳製品
  • 甘いもの(洋菓子、和菓子、果物、ジュース、砂糖などを使っているもの全般)
  • 油分の多いもの(揚げ物、バター、お菓子、脂身の多い肉や魚など)

→乳製品は控える
日本人の体内には乳製品を分解する酵素が少なく、消化しきれずにゴミがでる。免疫細胞がそのゴミを掃除するのに手一杯になり、他の仕事に力を割けなくなる、という理屈らしい。特に、婦人科系疾患や免疫の働きが関与する症状がある人は避けた方が良いみたいです。

カイロプラクティックの先生も乳製品はおすすめしないと言っていたけど、常識なのかな。毎日積極的に乳製品を摂ることは控え、たまに食べる程度にした方が良いといわれました。

→お菓子は食べない
糖質を体内で使えるようにするためにはビタミンやミネラルが必要。甘いものをとりすぎるとビタミンやミネラルが消費され、他の身体の機能に必要な分が足りなくなり免疫力が低下してしまうとのこと。特に婦人科疾患を持ってる人は甘いものは控えた方が良いとのことです。

→油、脂質を控える
甘いもの同様に血液が汚れて炎症を起こしやすくなったり、血液がドロドロになるとのこと。消化にエネルギーがかかるので、他の身体の機能の働きがおろそかになる。

22時から2時の間は必ず寝る

成長ホルモンがたくさん出る22時から2時の間をしっかり寝て、細胞の修復をすることが大切。

チョコレート嚢腫と免疫力

先生によると、チョコレート嚢腫は免疫を整えることが大切とのこと。正直、上記の食事をきっちり続けることはなかなか難しいし、人それぞれ体質もあるだろうから、自分なりに考えて納得した部分についてはできる範囲で見直していきたいと思います。

例えば、私は1日の活動量が少ないからか3食分もお腹がすかない。お腹が空いていないのにご飯を食べるのは逆効果なので、お腹が空いた時にしっかり食べるか、身体が3食を欲するよう運動量を増やすなどして改善したいと思います。

避けるべき食品については理由も納得できるのですが、なかなか一切断つことが難しいので、可能な限り最大限にがんばって減らすとともに、砂糖や塩は精製されたものを使わず、ミネラルの含まれたものに変えるなどの方向で、できることから実践しています。

塩で思い出したのですが、身内が小豆島に住んでおり「御塩(ごえん)」という小豆島の塩をもらう機会がありました。ちょうど今、ぬちまーすなど評判の良い塩を色々ためしている最中なのですが、今のところこの小豆島の塩が一番好きな塩です。昔ながらの製造方法でつくられており、ミネラルたっぷりで、今まで食べた塩の中で一番塩辛くない塩です。旨みがハンパないです。

この塩を使うと素材の味がかなり活きるので、塩でおいしくいただきたい料理用に常備しています。楽天で買えますので、塩が好きな方、ぜひ一度ためしてみてください。攻撃的な塩辛さが全くない、マイルドでうまみのあるお塩です。

➡️ 【100g】小豆島の塩 御塩(ごえん)
➡️ 【200g】小豆島の塩 御塩(ごえん)
➡️ 【100g 200g セット】小豆島の塩 御塩(ごえん)

だいぶ話がそれてしまいすみません。今さら塩がマイブームのため、御塩の話で一人盛り上がってしまいました(笑)

数年前仕事の独立準備で色々なストレスが重なった時期、円形脱毛症になりました。しかもここ数年、白血球の数がちょっと少ない。やっぱり私は免疫系統が弱いような気がします。できるだけ身体に負担のかからない生活を送りたいものですね…。


円形脱毛症についての記事は「免疫が関係?5センチ大の円形脱毛症」をどうぞ


がん検診で指導された食生活についての記事は「免疫力UP&細胞の損傷を減らしてガンも予防!」をどうぞ