頭痛・肩こり・首の張り、原因は全てパソコン&スマホ?!

ここ1年くらい目の疲れから頭痛や肩こり、首の張りがひどくなり、眼科に行ったところ、色々と指摘をされました。すべての原因は長年のパソコン仕事にありそうです。

ブルーライトカットも効果なし

目の疲れや頭痛を頻繁に感じるようになったため、ブルーライトカットのメガネに変えました。変えて間もない時から、なんとなく左目がぼやけて見えづらかったり、焦点が合いづらいと感じることがたまにある。おかしいな、と思いつつ、その後も目の疲れは良くならないし、頭痛も肩こりも首の張りも一向に改善が見られないどころかむしろ悪化。

ある時、健康診断で視力をはかったら右が1.5、左が1.0だった(メガネで)。今年メガネをつくったばかりなのに、こんな視力の差あるか?しかも左目の方がレンズの度数高いんだけど…と思いその日のうちに眼科へ。

眼科を受診。ドライアイとアレルギーとメガネの度数を指摘される

眼科で診察を受けた結果、メガネの度数もあっていないけど、黒目に傷がついてるしアレルギーもあるし、そのせいで見え方に影響が出ているとのこと。まずは目の状態を良くしてからメガネの度数を調整することになった。ブルーライトをカットする以前に、すでに目の状態がかなり悪かったようです。

ドライアイもアレルギーも全然自覚症状がなかったし、ここ最近コンタクトを使っていなかったので油断していました。コンタクトを使っていないから目の状態が良いかというとそうではないし、目がショボショボしたり見づらかったり、目やにが出たりしても、「いつもの事」と思ってサインを見逃してしまうことも多いようです。

ここ最近の不調は、パソコン仕事が原因の可能性大

長年のパソコン仕事とスマホによる目の疲労、無理な姿勢による首や背中などの筋肉への負担が、ドライアイはもちろん、肩こりや頭痛、吐き気の症状として出てき始めているようです。先生が言うには、40歳くらいが眼の老化のターニングポイントだそう。

上記に加え、加齢やストレスによっておこる自律神経の乱れやPMS、その時の体調によって、それぞれが相乗効果をなして体調不良を引き起こしていることは間違いなさそう。

まずは眼の状態を良くして、眼精疲労を軽減

とはいえ、仕事柄パソコンを使わないことはできないので、まずは、処方された目薬(アレジオン点眼液とヒアレイン点眼液)で目の状態を改善。その後、負担の少ない度数にメガネを調整しようと思います。眼科でメガネの処方箋を出してくれるとのことなので、メガネを作るときは、信頼できる眼科に処方箋を出してもらう方が安心だと思いました。

あとは、マメに目を休ませたり、仕事の合間にストレッチをしたり、散歩したり、目と身体のケアを日課にすることが肝心。一連の不調の改善には、原因と思われることを一つずつ改善させないと一生治らないばかりか、心も身体も悪化するばかりだと感じています。

改めて、40歳前後は今まで感じなかった身体の不調が顕著に出始めることを実感。身体のムリが効かなくなってきました。


興味のある方は「閃輝暗点、頭重感、眼精疲労…偏頭痛の傾向を知って対策を練る」の記事をどうぞ