酔った友達が…。除菌消臭、クリーニングの作業手順

飲みすぎた友達が部屋で吐きました。魚の缶詰の生臭さがひどく、徹底的に除菌・消臭したのですが、色落ちしたり水洗いできなかったりで苦戦。悪戦苦闘した結果、Tシャツ、ソファーカバー(座クッションのみ)、カーペットは破棄、ソファーの中のウレタンクッションのみクリーニングしました。

あの手この手がんばったので、除菌・消臭した手順を記録に残します。ちなみに、汚染やニオイがひどいものは下手なことをする前に業者さんに相談するか、捨てることをおすすめします。

今回のケースのポイント
  • ソファーは水洗いできない生地、カーペットは重くて洗えない
  • 魚の生臭いニオイがとにかく強烈
  • ウイルス性ではない
  • ニオイのもとをきれいに取り除くことが重要
  • 魚臭のもとはアルカリ性物質なので、酸性のクエン酸を使用(色落ち注意)
  • 胃液は酸性なので、アルカリ性の重曹を使用(セスキ炭酸ソーダがあればその方が洗浄力が強い)
  • 消化中の食べ物は特に細菌が繁殖しやすいので、次亜塩素酸の原液で除菌
  • 使い捨てのマスクと手袋を忘れずに(細菌が繁殖しやすいため)
掃除に使用したグッズ
  • 雑巾、ボロ布、バケツ、新聞紙
  • 使い捨てのマスクと手袋
  • 洗剤(あればセスキ炭酸ソーダ)
  • 重曹と重曹スプレー(500mlの水に大さじ3杯くらい)
  • クエン酸スプレー(500mlの水に大さじ1杯くらい)
  • 次亜塩素酸 500ppm 原液(バイバイ菌)
  • 熱湯
  • 酸素系漂白剤

汚染状況や汚染物の素材によって、ハイター、アイロン、煮沸も有効だと思います。

Tシャツ:熱湯クエン酸水で消臭できたが色落ちして破棄
  1. 固形物をふき取り洗剤で洗う(またはセスキ炭酸ソーダで)
  2. 次亜塩素酸水を切らしていたため、色が落ちないように酸素系漂白剤に一晩浸け、普通の洗剤で洗うが全然ニオイが落ちない。バケツもすっかり魚臭くなってしまった ※次亜塩素酸があれば原液に浸ける。酸素系漂白剤なら濃度を濃いめに
  3. 熱湯の重曹水にティーツリーとハッカ油をたらして2時間ほど漬け込んだ。少しとれたけど、まだ生臭いニオイがとれない
  4. 熱湯のクエン酸水を注いでフタをして8時間くらい浸け込んだ結果、ニオイがとれた!しかし、色落ちした…。バケツのニオイもすっきり落ちていました
  5. 一応確認をとってから捨てた

<反省と改善点>
●酸素系漂白剤の濃度が低く除菌しきれていなかったかも。もっと高濃度で浸けるか、やっぱり次亜塩素酸水の原液に一晩浸けるのが安心
●熱湯重曹水に浸ける際も、熱湯クエン酸水と同じようにフタをして一晩浸けるべきだった。汚染レベルの割りに浸水時間が少なかった
●重曹よりセスキ炭酸ソーダの方がphが高く油汚れにも強いし、消臭力もあるので、セスキで対応した方がベター
●酸で魚の生臭いニオイを中和できることがわかったが、色落ちすることもわかった
●熱湯は有効だけど、臭いが強烈に出るので屋外で。煮沸は部屋に臭いが充満しそうで怖い…

※次亜塩素酸を急いで購入しました。冬はノロウイルス対策に常備しています(使用期限は3カ月)

楽天で送料無料で買えます
➡️ バイバイ菌 次亜塩素酸 500ppm 2.3L

Amazonはこちら
➡️ バイバイ菌 次亜塩素酸 500ppm 2.3L

ソファーカバー:布地の目に汚れが入り込み破棄
  1. 固形物を水にぬらした雑巾でふき取る ※汚れを歯ブラシで叩き出すと効果的
  2. 次亜塩素酸の原液をカバーが湿るくらいたっぷりスプレーして除菌
  3. 天日干し
  4. 重曹スプレーをたっぷり吹き付けたのち、重曹の粉をたっぷりかけて2、3日放置後、粉を掃除機で吸引
    →少しはニオイが弱くなったけど、魚の生臭さが残っているしカスが生地の目に入ってしまっていた
  5. クエン酸スプレーをタップリ吹き付け、とりきれていない汚れを歯ブラシで掻き出す
  6. 再び次亜塩素酸の原液をたっぷりスプレー
    注意:クエン酸と次亜塩素酸水をまぜると塩素が発生するかもしれないのでおすすめはしません。私は自己判断で屋外で行いました
  7. 天日干し
  8. ニオイが取れず捨てる

<反省と改善点>
●水洗いできない素材だったため、固形物が落としきれなかった事がニオイがとれない大きな原因
●ざっくりとした網目状の繊維にはいりこんで汚れがとれない状態

次亜塩素酸も熱湯もアイロンも生地をいためるし、水をかけた時点で生地が縮みクッションが入らない可能性も大いにあるため、この手のものは専門業者に相談するか、破棄しかないと思う。カスがついたままのソファーはさすがに使えないし。

その後、クリーニング業者さんに聞いたところ、線維の奥に入り込んだ汚れは取り切ることが難しく、あとあとニオイの原因になることもある、とのこと。やっぱり破棄するのが無難のようです。

中のクッション:ほぼ消臭できたが、完全にニオイを取りきるのはクリーニングでも難しい

ウレタンのクッション部分には固形物の付着もなく、そこまでは染み込んでいない様子

  1. クッションカバーと同様に、次亜塩素酸原液をスプレー後、重曹スプレーと重曹の粉で処置
  2. 天日干し後、クエン酸スプレー→天日干し→次亜塩素酸スプレー→天日干しを繰り返し行う

<反省と改善点>
●シャワーで洗える大きさではあったが、水をタップリ吸い込んで乾かない可能性があったのでスプレーで対応
●何度も繰り返したらほぼニオイが消えたけど、やっぱり完全には消えていない。知らない人は臭わないかもしれないけど、私にはわかる(笑)
●除菌、消臭、天日干しを何度も繰り返すのがポイント。※次亜塩素酸を何度も使用すると生地がいたみます。でも、生地が劣化しても除菌を優先したい…
●クッションの外側のアイボリーの薄いカバーが、クエン酸かクエン酸と次亜塩素酸が反応して発生した塩素か何かによって脱色し、うっすらとしたシミができてしまった

その後、買い替えも検討しましたが、出張クリーニングの業者さんにお願いする事にしました。
➡️ 東京ベッドクリーニング

クリーニングの方法は、人体にも安全・安心な純植物性100%の洗浄剤と約100℃のスチームによる熱消毒(希望すれば塩素をつかった除菌もしてくれます)。表面から4センチくらいはスチームの効果があるとのこと。ついでにオフィスチェア2台のクリーニングもしていただき嬉しかったです。ちなみに、機材は業務用のケルヒャーでした。

クッションのニオイはというと、やっぱり多少有機的なニオイ(何のニオイかはわからないレベル)は残ってしまいました。自分でも除菌したし、ウイルスじゃないし、プロにもやってもらったし、もはや許容範囲だし想定内だったので充分満足。ニオイは残っていても清潔な状態にはなっているので、時間がたてば消えるとのこと。化学反応を起こしたシミもとれませんでしたが、外カバーをつけて使用するので問題ありません。

料金は、出張クリーニングの最低料金で15,000円。(90cm×75cmの座クッションとオフィスチェア2台サービス)クッションを買い替えるよりも1万円以上安かったです。

カーペット:丸洗い・天日干しできず破棄

一番被害が少なかったカーペット。こちらも次亜塩素酸水、重曹、クエン酸で対応したが、大きくて重いので水洗いも天日干しもできず、汚染部分に顔を近づけると魚臭がとれない。しかも、うっかりアイロンをあてたらテカテカに…。すでに何年も使用していて他の汚れもあったので、買い替えることに。

<反省と改善点>
●被害が少なかっただけに汚染部分がわかりづらいが、汚染部は確実にクサい。汚れが布目に入ってしまっている。

クリーニングに出す場合

捨てないのであれば、業者さんにお願いするのが早いと思います。嘔吐物がついた衣類を一般的なクリーニング店で洗うことは法律で認められていません。検索すると、「指定洗濯物取扱施設のクリーニング店に依頼しろ」という情報は出るのですが、指定洗濯物取扱施設の情報に全然たどりつけない…。

なので、街のクリーニング店に電話して、取り扱ってくれるかどうか確認をするのが一番だと思います。おそらく、ふき取りくらいはしないと引き受けてくれないと思うので、それも確認してください。料金も、除菌・消臭までしっかりやるとなると高額になる可能性も。ちなみに、冬場にスワロークリーニングに行った時は、取り扱い不可の貼り紙がありました。夏は貼り紙は見当たらなかったです。

ソファーやベッド、カーペットなどは専門のクリーニング業者さんにお願いできます。

今回私がお願いしたのは東京ベッドクリーニングさん。問い合わせの返信も早いし電話の応対もとっても丁寧で、クリーニング担当の方も一生懸命やってくださいました。
➡️ 東京ベッドクリーニング

試す価値アリ?! 使える除菌、消臭グッズ

今回の件で、除菌ができてもニオイは残る事を思い知りました。ニオイ問題はなかなか手ごわいです。今回は試していないけど、どうしても家庭でニオイを落としたいときに使用してみる価値がありそうなものをピックアップしてみました。

●「業務用消臭剤ミラクリーンR」という、孤独死の現場などにも使われるという強力な消臭剤を発見したのですが、口コミを見ると、効果があった人とない人の差が激しいく、お値段も5,000円近くと高かったので購入していません。
➡️ ミラクリーンR(ケンコーコム)

●「魚用消臭スプレー」というのも見つけましたが、これでも完全に落ちるかどうか…
➡️ 魚用消臭スプレー(Amazon)


魚臭には効果がないかもしれないけど、除菌消臭ができて安全で、使ってみたいと思ったグッズを紹介します。

●セスキよりphが高く、油汚れに強くて洗浄力が高い「超電水クリーンシュシュ」
➡️ 超電水クリーンシュシュ(Amazon)
➡️ 超電水クリーンシュシュ(楽天)

●アルコール77%の非常に強力な除菌力を持つ「ドーバーパストリーゼ77」
➡️ ドーバー パストリーゼ77(Amazon)
➡️ ドーバー パストリーゼ77(楽天)


●今回の件とは関係ないけど、ノロに効果のある「手指消毒アルコールジェル」の存在を知ったのでご紹介

➡️ 手ピカジェル プラス(Amazon)
➡️ 手ピカジェル プラス(楽天)

➡️ ハンドラボ 手指消毒ハンドジェル(Amazon)
➡️ ハンドラボ 手指消毒ハンドジェル(楽天)


初めての嘔吐処理で色々勉強になりました。嘔吐物は、食べたものの内容によって処理方法が違う。魚臭さえなければ重曹と次亜塩素酸でもっと簡単に消臭できたのではないかと思います。

私はそもそも嘔吐恐怖症なのでかなりビビりましたが、固形物は友達が処理してくれ、ほとんど目視することなく助かりました。嘔吐恐怖症克服のためのステップの一つになったような気がしないでもない…。

ノロウイルスの場合の処理は本当に恐怖だと身をもって感じました。汚染物はすぐに処分した方が良さそうですね。何はともあれ、日ごろから掃除スキルを高めておきたいと思います。

しかし、この騒動で大変だったのがダンナとの温度差。処理をめぐって夫婦ゲンカになり散々でした。食欲も全然わかないし。