ニンジンジュースと野菜汁で免疫力アップ!

2015年の1月から3か月、朝ごはんにニンジンジュースを飲んでいました。正確に言うとニンジン・リンゴジュース。


ニンジンジュースには、免疫力アップ、抗酸化作用、解毒作用があると知り、ちょうどニンジンが旬の冬だったのでトライしてみることに。リンゴも安い時期だし。さっそく熊本産の無農薬ニンジンをネットで箱買い。リンゴはスーパーで調達。無農薬ではないけれど気にしないことに。

肌の調子が絶好調

毎朝400ml程度を飲み始めたところ、1か月たたないうちに肌の状態がやけに良い事に気づく。あからさまに以前よりやわらかくてもちもちしている。

最初は普通のジューサーで作っていたけれど、熱で酵素を破壊しない低速ジューサーの存在を知り、貪欲な私は早速低速ジューサーを購入。低速ジューサーも色々あって迷いましたが、吟味した結果パナソニックのビタミンサーバーにした。これで多くの栄養素を効率よく摂取することができる。ジューサーのお手入れは多少面倒かもしれないけど、ストレスになるほどではない。

低速ジューサーニンジンジュース

楽天
➡️ パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

Amazon
➡️ パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

絞りカスの悩み

毎朝すきっ腹にニンジンジュースを流し込むと、胃に染みわたってすごく健康に良い事をしているような気がして気分がいい(笑) だけど、ニンジンジュースの絞りカスが大量に出る。捨てるのがもったいないので、カスをどう処理するかが悩みでした。

全粒粉の小麦粉をまぜてオーブンで焼いてクッキーにしたり、カレーに入れたり試行錯誤したけど、だんだんカスの処理にストレスを感じるようになり、心を鬼にして生ごみ処理機に投入することに。

カレーに入れるのが一番違和感がなかったけれど、そんなに頻繁にカレーは食べないし、クッキーにしてもおいしかったけど、ニンジンジュースを飲んだ後に小麦粉を食べるのもナンセンスなので、いさぎよく捨てることに。

結局、ベータカロテンのサプリメントを飲み始めたのと、季節が暖かくなってきて人参をストックしづらくなり、ニンジンジュース生活は3月で終了。でも、なにしろおいしいので冬はまた飲みたいと思います。身体を冷やさない程度に。

野菜を煮出す

ニンジンジュースブームが去ったあと、野菜汁を飲み始めました(笑) 鍋に野菜と水を入れ、フタをして20分弱火で煮ると、野菜に含まれる「ファイトケミカル」とやらが汁に染み出して、すごい抗酸化力があって免疫力がアップするスープが出来上がるらしいです。

野菜スープ

このスープに味噌とゴマを加え、玄米ご飯にかけて朝食にしていましたが、鳥のエサみたいでイマイチテンションあがらず。しかも、ここ数年白血球の数値が低く、このスープを飲んだら数値が上がるかもしれないと若干期待しつつ、病院に出かける数時間前にこのスープを飲み血液検査に臨んだ結果、白血球の数はあいわらず低迷。(そもそも免疫力と白血球の数は関係あるのか謎ですが)そして夏が近づいてきて、野菜を煮ると部屋が暑くなるので野菜汁も終了。

野菜汁も涼しくなってきたら復活しようかな。なにもわざわざ玄米にかけることはないしね。
ちなみに、バナナ(とくに完熟)を食べると白血球が増えるって本当かなぁ。


白血球の少なさが気になる方は「白血球がやたら少ないけど大丈夫なのか!?」の記事をどうぞ。