玄米食を10カ月続けた結果、リブレフラワーに落ち着く

玄米食を10カ月+1カ月続けてみましたが、結局のところ玄米ではなく白米にリブレフラワー(玄米粉末)を混ぜることに落ち着きました。それまでの紆余曲折をご紹介したいと思います。

最初は、「(栄養の少ない)白米を食べ続けているなんてもったいない」という軽い気持ちから玄米食を開始。精米しないため無農薬のものを選び、炊飯器の玄米モードで普通に炊いていました。味や食感も悪くなく少し便通が良くなった気がしたのでしばらく続けてみることに。

「発芽玄米」にして玄米を無毒化することを覚える

ある日、玄米には「毒」が含まれていることを知って驚愕。どこでも発芽してしまわないよう発芽を抑制する成分が含まれているらしく、これが人間の身体に「毒」となるようです。この「毒」を消さないと、長い目で見ると健康を害する可能性があるとのこと。

その毒は、玄米を発芽させると消えるということなので、さっそく玄米を炊く数日前から水につけて発芽させる工程をプラス。発芽玄米にしてから炊くことにしました。夏は1日くらいで発芽しますが、冬はなかなか発芽しないのでヨーグルトメーカー等を使用した方が良いかもしれません。

消化力の弱い自分には向かないのか?!

玄米は外側の殻がかたくて消化しづらいので、炊く前に乾煎りしたり、お粥や雑炊にして食べてたりしていたのですが、なんかいまいち、玄米によって逆に便通が阻害されている感覚がする。だんだん身体の詰まりを感じるようになるし、なんか飽きてきた…

玄米食10カ月で終わる

結局、消化力の弱い体質では逆効果だという結論に至り、一度玄米食をやめてみることに。私の玄米生活は10カ月くらいで終了しました。玄米の栄養価が白米に比べてかなり高いことは間違いなのですが、良いものを食べても身体が詰まっては意味がない。

その後、玄米生活を再開

玄米を止めてから2年、炊飯器を買い替えたことをきっかけに玄米食を再開。葉酸サプリメントを止めたこともあり、食事から栄養をしっかりとろう!と考えた時、玄米食は必須だと思いました。

とりあえず、発芽玄米2合、精米1合をあわせて3合を玄米モードで炊きます。気が向くと小豆も50gほど加えます。玄米モードでやわらかめの設定で炊いた後、保温を長めにするとかなりやわらかくなるので、ねかせ酵素玄米とはいかないまでもかなり胃への負担が少ない状態になります。これで消化の問題はクリア。しかし、玄米モードだと炊飯に時間がかかるし早炊きができないので、時間のない時はちょっと不便。

1カ月ほど続けるも、お通じは特に変わりないしやっぱり目立った効果は感じません。食事を少し変えたからってあからさまに効果はでない。長く続けて、気づいたら「病気していないじゃないか!健康なのは玄米のおかげかも?!」となるんだと思います。

ちなみに、使用している炊飯器は三菱の本炭釜です。白米はもちろん玄米もおいしく炊ける「芳醇炊き」モードがついていて、20時間以上保温してもおいしく食べられます。丸1日以上保温したことはありませんが、水の量が少ないと長時間保温するとパサついてしまうことがあるのでそこは加減してください。高機能で価格もお手頃だと思います。ちなみに、玄米を発芽させる機能はついていません。

Amazonはこちら
➡️ 三菱電機 IH炊飯器 本炭釜0.5~3.5合炊き

楽天はこちら
➡️ 三菱電機 IH炊飯器 本炭釜 3.5合炊き

玄米食をやめて「白米+リブレフラワー」に落ち着く

という感じで自分なりに試行錯誤しながら玄米食を試しましたが、発芽させる手間と時間、炊飯時間の長さ、消化力が弱く便秘が解消しない体質をふまえた結果、「白米にリブレフラワー(玄米粉末)を混ぜて炊く」ことに落ち着きました。

お米3合に大さじ1杯くらいを目安に入れています。これで栄養も消化の問題も全て解決しました(笑)

ちなみに、リブレフラワーは深入り焙煎の「ブラウン」もありますが、少しクセがあるのでホワイトを使っています。米粉と同じように揚げ物などにも使えて普通に便利でおいしいです。

Amazonはこちら

➡️ リブレフラワー(ホワイト)

楽天はこちら

➡️ リブレフラワー(ホワイト)