胸のしこり発見。気付けば経過観察10年以上

卵巣嚢腫の手術をしてしばらく安心していたのですが、胸にしこりがある事を思い出しました。

20代半ばをすぎたころ、左胸の上部内側にしこりを発見。2年くらい放置したのち、30歳手前でようやく医者に行きました。小さいしこりだったので「良く見つけたわね」と言われましたが、「見つけたのは2年前」と言ったら渋い顔をしていました…。

検査の結果、良性のしこりでした。治療の必要はなく、1年に一回、マンモグラフィーと超音波検査、数年ごとに細胞診を行っています。そんなこんなでもう40歳…。しこり発見から10年以上経ってしまいました。

一時、しこりがいつもよりも頻繁に強く痛む時があり、心配になって次の診察をまたずに受診しましたが、特に変化ナシ。ホルモンバランスによるものだったのかも。そういえば、最近はあまり痛みを感じない。

しこりに加え、ここ数年は乳管拡張とも診断されているのですが、これも経過観察で良いみたいです。治療が必要なものではないにしても良いものではないので、乳がん予防のためにも引き続き、免疫力を高める食事や生活をすることと、胸のマッサージでリンパや血流をよくしておこうと思います。

少し休んでいた官足法を地味に再開しているのですが、足の甲にある胸の反射区も毎日揉みほぐした方が良さそうです。

↓胸とリンパの反射区↓
反射区

今まで良性のしこりが悪性になることはない、と思っていたのですがそうも言い切れない場合もあるようで心配。今後悪性になることもあり得るのか、切除しなくて大丈夫なのか、次の診察の時にでも確認しなければ。卵巣嚢腫の時のように、経過観察しながらも悪化させてしまうことがないよう気をつけようと思います!

しかし、39~40歳って、いよいよ老化を実感する歳だなぁとしみじみ。白髪も抜くレベルじゃなくなるし、今までなかった身体の不調がでるようになるし、健康維持の大切さを痛感する歳だと思います。

ここ数年、卵巣嚢腫改善のために色々と情報収集したり、免疫力アップや血行促進のために取り組んでいた事は、がん予防にも通じる事なので、卵巣嚢腫の再発防止のためにもこれからも続けます!!

ちなみに、遺伝子検査の乳がんのオッズは1.24倍。子宮内膜症のオッズよりも若干高め。遺伝子検査に興味のある方は「遺伝子検査、結果は参考程度…」の記事をどうぞ。


免疫とリンパマッサージの本をご紹介します。どれも読みやすいです。


➡️【楽天】1日60秒リンパストレッチ

➡️【Amazon】1日60秒リンパストレッチ

難しい動きが無いので覚えやすく、お風呂上りや空いた時間に何気なくできるのが良いです。NHKの朝のテレビ体操と似ている動きもあるので、朝のテレビ体操も真剣にやる事を強くオススメします。



➡️【楽天】はじめての経絡リンパマッサージ セルフケア完全版

➡️【Amazon】はじめての経絡リンパマッサージ セルフケア完全版

こちらで紹介されている胸のマッサージをお風呂でするようにしています。全部やろうと思うと大変なので、さっと読んで自分が取り入れたい部分のみ覚えて、少しずつ日常に取り入れていくのが良いと思います。完全版と言っているだけに、マッサージの時の手の使い方など丁寧にわかりやすくまとめられ、長く使える一冊となっています。

‘自分自身の専門家をめざす’と著者の渡辺佳子さんが冒頭でおっしゃっていますが、本当にそうありたいと思いました。



➡️【Amazon】免疫を高めると病気は勝手に治る2015年版

免疫の仕組みがわかります。