その体調不良「貧血」が原因かも?!

先日婦人科の先生に、顔を見たとたん「顔色悪いね、ヘモグロビンが少なそう」と言われました。

顔色が悪いと言われ続け30年、血液検査のたびに「貧血ではないね」と言われ続けていたので、自分では全然気にしていませんでしたが、数値はいつも標準値の底辺をさまよっている感じ。そういえば、二十歳の時、血が軽いと言われ、献血を断られたこともあります。でも、一応数値的には標準範囲内なので医者も大体スルーします。

歳をとって食事量も減り、肉もあまり食べなくなり、鉄分が足りていない可能性も否めません。貧血は頭痛、めまい、肩こり、頭重感などの症状も出るとのことなので、「貧血」これは体調不良のダークホースかもしれません。

鉄剤が怖くて飲めない

鉄分が足りていないと、排卵もうまくできなかったりするらしく、先生が「フェログラデュメット」という鉄剤を出してくださいました。薬の説明によると、副作用に吐き気や嘔吐などの胃腸障害があるとのこと。

ちょっと検索してみたところ、10~20%くらいの確率で胃腸系の副作用がでるらしいので、怖くてまだ飲めていません。まわりの友達には、「吐き気まではいかないまでも少し胸がむかつく感じ」という人と、「けっこう気持ち悪かった」という人がいます。

私のヘモグロビンの数値は、11~13g/dl、ヘマトクリットは34~39くらい。体調によっては軽度の貧血気味、といったところでしょうか。術後やPMSで2週間ほどご飯がまともに食べられなかった後の数値は低めでした。

とりあえず、一粒飲んでみようと思ったのですが、なかなか決心がつかない。空腹に飲むと胃に刺激がありすぎるし、かといって食後に飲むと気持ち悪くなった時が怖い…。余談ですが、最後に吐いたのはお酒を飲みすぎた15年前、素面で吐いたのは小学校2年生くらい。吐くことが怖いですTT

とりあえず、ひどい貧血ではないことは確実なので、血液検査の結果を持って先生に相談してみようと思います。ちなみに、サプリに含まれる鉄分は、食事で摂れない分を補う量しか入っていないので少なすぎるとのこと。

軽い運動で食欲アップ。血や肉となる栄養分を積極的に摂る

まず、運動をすることで食事量を増やし、血をつくるのに必要なお肉を美味しく食べることを目標に、ジョギングを始めました。

これがけっこう効く。思ったのが、ウォーキングではなく、ちょっと息が上がるような、軽く汗をかく程度の運動の方が効果を感じます。すごくお腹が減ります。

ここ10年、全然食べてこなかったレバーや、食べる量を減らしていた肉を率先して食べるようにしたところ、便秘も改善してきました。食べる量が増えた事と、脂質で便が出やすくなっているのだと思います。

動物性の食品の方が鉄の吸収が良いので、レバーと小松菜を一緒に食べ、お酢を炭酸で割って飲んだり、食べ合わせにも気を配るようにしました。

しかし、レバーは毎日食べられないしあまり好きでもない。なので、小魚(カタクチイワシなど)を日々の食生活に取り入れることに。小魚とナッツをみりん&砂糖でからめたものをオヤツにしたりしています。

また、料理は極力鉄鍋を使う。普段ホーローの鍋を使っている煮込み物も鉄鍋に変更。酸が入っている方が鉄が溶けだしやすいそうなので、トマトを使った煮込みなど、時間をかけてつくるのも良さそう。

今まで、動物性の食品は極力避けていましたが、やっぱり「バランス良く」が大切なのかもな…と少し反省しました。

漢方薬を飲む

当帰芍薬散や温経湯などの漢方薬は貧血にも効果があるようなので、試してみる価値はありそうです。